贅沢を恥じたひとたちがいた

バリ島 昔の人よりも多少利口で居られるのは、過去を学ぶことができるからで、あとから来る人は先人の過ちを学ぶことができるからでもある。ある方が、食べ終わった後少し皿に残っている汁の残りを丁寧に舐められたので、驚いて見ていたら、微笑しながら「美味しいでしょう」といわれた。伯母が厳しく育てられて、食事のあと皿に残った醤油の残りさえ無駄にしないと母から聞いたことがあった。?? ・他人の目を気にしないで、自立心を以って生きることは容易ではない。正しい行いもそうだ。他人から吝嗇だと思われたくないという見栄がさせている多くのことがある。それは大抵小さいことに過ぎない。ものを大事に遣うことは、決して悪いことではない。使い捨てにする時代になり、人間は地球資源を枯渇させようとしている。「勿体ない」の精神も、昔からあった知恵でもある。食べられなくなる時代も過去にはあったことを知っているからできる。?? ・へ2・・・貧しさを知ることは、人間の恥ずかしさではない。寧ろ智慧でもあるだろう。ものが美味しく食べられるのは、そのひとが心身共に健康だからであり、その豊か差がひとや物に対する\xB4

脅佞竜せ鈇舛砲發覆襦M靄修棒犬④襪ǂ蕁∩道┐聞圓い發垢襦F䡄椰佑癲⊅羚饋佑發修寮鎖世砲脇韻献襦璽弔魄覆辰栃襪蕕靴討い襪隼廚Α\xA3? 誇り高くあることは体裁のことではない。ひととして持つべき人格のあることだろう。ひととしての振舞もある。何をすべきかはその人が考えることだ。怠け者の自分の脳に刺激を与えなければならない。