グローバル化と東ユーラシア大陸依存リスク例2018/9/中国の通関遅延->2018/10中国の外国直接投資 - グローバルスタンダード開発フェイスツーフェイス会合

2018/9/26,米中貿易戦争は、輸入総額の多い米国が有利だといわれる。中国から米国へは5050億ドル、米国から中国は1300億ドルだ。中国はすでに1100億ドル分の追加関税を発動済みで、残りは200億ドル分しかない。「だから、別な手を打ってくるはずです。考えられるのは通関を遅らせることです。中国人活動家がノーベル平和賞を受賞したときはノルウェー産のサーモン、南シナ海問題ではフィリピン産バナナの通関をかなり遅らせ、品物を腐らせたといわれます」(市場関係者) 中国政府が操る米国製品の不買運動もあり得る。米国を代表するスーパー「ウォルマート」は中国に約420店舗、コーヒーチェーン「スターバックス」は約3300店舗ある。さらに「コカ・コーラ」「ナイキ」「ギャップ」など米国製品は中国でも人気なだけに、米企業は大打撃だ。米国への旅行を制限する手段に出る可能性もある。。世界一の保有額を誇る米国債の売却です。大量に手放すとチラつかせるだけで、米国債は暴落します」(株式アナリストの黒岩泰氏) 中国は米国債を1兆1710億ドル(約129兆円=7月時点)保有する。日本の1兆360億ドルより巨額だ。「トランプ\xC2

臈閎里亙胴餾弔遼粛遒鮨¤せ澆瓩襪燭瓠⇔△覇䡄椶貿磴せ戮┐鰺彑舛靴討唎襪任靴腓Α\xA3https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/238163/3

2018/10/2,蘇州市に工場を構え、20年にわたって自動車部品を製造してきた杉田さん(家名)は開口一番、こう切り出した。20年前、工場の労働者は農村の出身者が大半を占め、600元程度の月給でも集まってきた。しかし、今では4000元を出しても働き手は見つからない。蘇州市の呉江区政府関係者によれば、「新たな工場の建設は認めず、淘汰させる方向だ」という。方針の背景にあるものは「環境対策」。「地方政府は外資、内資にかかわらず、中小企業を倒産に追い込んでいるフシすら感じます」.。2016年には中国環境保護部が地方都市で環境査察を行い、日系企業は、「差し押さえ、生産停止、身柄拘束」など処罰の対象となった。取り締まりが強化されても、汚染物質を川に垂れ流す不法処理は後を絶たない。産業廃棄物の違法処理も相変わらず続いている。最大の原因は、廃棄物処理場の整備が追いつかないためだ。「うちの工場でも産業廃棄物が出ます。その場合は、ゴミ処理場のトラックを呼んで、山盛り一杯3〜4000元(約5〜6.5万円)で引き取ってもらったり、ロープと鉄条網に囲まれたゴミ捨て場で、門番に金を渡

して捨てています」。2017年12月、JETRO日本貿易振興機構)上海事務所は、中国に進出している日系企業を対象にした「環境規制調査アンケート」を公表した。これによると、対象企業190社のうち4割近くが「当局の指導を受けた」とし、中には「規制が厳しすぎて事業継続が困難」とする回答もあった。杉田さんは2018年8月に華南地区で提携工場の操業を開始したところ、環境査察が入り、あっという間に閉鎖に追い込まれたという。人件費の高騰、そして環境規制強化と、中国に進出した企業の負担は重くなるばかりだ。数年前、一部の日系企業は見切りをつけて撤退したが、今、中国の中小工場に迫るのは「追い出し」にも近い閉鎖・撤退の圧力だ。http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/54240?page=4

2018/10/10,2017年には、中国による外国直接投資(FDI)の総額が減少したが、欧州向けが占める割合は5分の1から4分の1へと逆に大きくなっている。 しかし、中国はその財力を利用して、政治的な影響力も買っている。チェコ共和国のミロシュ・ゼマン大統領は、自国を欧州における中国の「不沈空母」にしたがっている。 また昨年にはギリシャが国連のあるフォーラムで、中国の人権侵害を批判する欧州連合EU)に待ったをかけた。

 ハンガリーギリシャは、南シナ海における中国の領有権主張を退ける判決が下されたとき、EUとしてこの判決を支持するのを防いだ。http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/54326?utm_source=editor&utm_medium=mail&utm_campaign=link&utm_content=top