?? 徳川御三家【水戸徳川家 副将軍水戸光圀】に仕えた【助さん】の事⇒「佐々木助三郎」は、富山県高岡市の【木舟城城主前野加賀守】 の子孫!! - 赤丸米のふるさとから 越中のささやき ぬぬぬ!!!

東大寺大仏造営の時に、「米五千石」を寄進して、「東大寺修院過去帳」の筆頭に記される「利波臣」の末裔とされる「越中石黒氏」が、代々世襲した「越中利波郡」の大滝村(※木舟)は、「越中吉岡庄地頭 吉岡成佐」が開いた土地と伝えられる。

(※「木舟城古今誌」、「吾妻鏡」)

■「皇室庄園」の【越中吉岡庄】は、南北朝時代末期に「五位庄」と改名されて足利室町幕府将軍家の糧所に成り、「三代将軍足利義満」によって「相国寺」等の足利家菩提寺の庄園として寄進された。

(※「相国考記、「万山編年年精要」)

▼【越中木舟城】は【赤丸浅井城】の出城で、「浅井城城主石黒光景」の子供の「石黒光弘」が平安時代末期に居城にした。「石黒光弘」は【源平盛衰記】や【平家物語】にも登場する。

■【織田信長】の家臣「佐々成政」は家老の「佐々平左衛門」を「木舟城城主」にしたが、その次には、「佐々平左衛門」の娘を妻にした「前野加賀守」を木舟城城主にしている。その子は後に「佐々」の姓を名乗っており、この子孫から「大日本史」の編纂にも関わった【佐々木助三郎】(※佐々宗淳[???????])を輩出している。

▼【佐々成政】は「宇多天皇」を祖先とした【宇多源氏】で、近江国佐々木を拠点とした「宇多源氏佐々木氏」である。この一族からは、近江国を領した「六角氏」等が出ている。又、この一族からは、南北朝時代の「太平記」に登場する「甲賀宇多氏」や越中吉岡庄鍛冶屋町島(※赤丸村「赤丸城」の麓)で南北朝から江戸時代迄名刀を産出した「宇多刀鍛冶」、「木下藤吉郎」改め「関白豊臣秀吉」等の人物を輩出している。

(※木下氏は「宇多源氏高島氏」)

この一族は、室町時代に「織田家」等と同様に足利一族の「斯波氏」に仕えたが、ある時に斯波家が間違えて「佐々」を宛名にした書状を与えた。その後、「佐々木氏」の中でも、この一族だけは後に「佐々」を名乗っている。

元々、「摂関家長者藤原頼長」の庄園で在った「越中吉岡庄」は、没官されて「上皇」や「天皇」の庄園に編入され、「後白河上皇」から「後醍醐天皇」迄、伝領した。