一匹狼が行く

この話しは

俺の

幼少時代の

1965年から

1966年までの

話しです

俺は

亡くなった

親父と

実の母親は

結婚する前から

うまく行って

なかったと思う

以前も

話していたと思うが

母親方の

父親から

お金を預けられ

試される

話しをしていたが

この時点で

終わってる

様な話しで

それを

親父は

判っていなくて

結婚に

至るんだけど

恐らく

親父が

強引に

実の母親に

言い

寄ったんだろうなぁて

推測がつく

それが

実の母親に

してみれば

面倒で

義理の父親に

相談した結果が

お金を

親父に預けて

試される様な

話しになったのだと思う