まさか、この時の出会いが、麻子と聖一を

まさか、この時の出会いが、麻子と聖一を結び付けるとは、ぼくは思ってもみなかった。麻子の口から、そのことを聞かされた時、ぼくは、一瞬言葉を失った。思いがけなかったから、というよりも、聖一のセンスに感心したのだ。